LA生活からスタートしたこのブログ。神戸、東京を経て、2008年の夏からバージニア州にてまたアメリカ生活をスタートです。


by tomo-bambi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

心に響くインタビュー

UCLAの授業の一環でインタビューをして,記事を書くという課題がありました。
クラスにインタビューイーの人が来られて,プレスコンファレンス形式みんなで次々を質問をしていくのですが,これがなかなか難しい。宗教の話もからみ,しかも英語となるとさっぱりわからない。。これじゃ,何も書けない,と困ってしまった私は授業が終わってから,個別のインタビューを申し込んでみました。快く快諾していただき,後日クラスメイトと一緒にご自宅に伺うことに。

そして,今日ご自宅までインタビューをしに行かせてもらいました。
LA北部のVallyにある静かな住宅地。日本人の奥様が笑顔で迎えてくれました。このご夫妻は27年前,Clergy malpractice(教会が相談時の判断を誤ったこと)で息子を自殺でなくしており,アメリカで初めて教会を訴えたご夫妻なのです。

もちろん辛い過去を未だに背負っており,「私たちは忘れることも,乗り越えることもできない」とはおっしゃっていて,事故の傷がとても深いことに聞いている私までが心が痛みました。

しかし,何より感動したのはこのご夫妻のホスピタリティー溢れる人柄。インタビューをしにきた私たちの為にランチを用意してくださり,何時間もお話に付き合ってくださいました。

こちらの奥様がとても素敵な考え方をお持ちで,聞いているだけで心が洗われます。
「神様がいつも見ているので,常に人の為に役立ちたい」とのこと。若い頃,日本にいた時からこの考え方は同じで,病院で働き困ったいる人を助けていたそうです。そしてアメリカに来てからもその仕事を続け,定年した現在もボランティアで関わっているとか。
「いい人もいるし,悪い人もいる。けどすべての人はいい所と悪い所があるので,いいところを見るようにしているの。そして,常に笑顔を忘れずに。笑顔でいるとみんなを幸せにすることができるのよ。」
「外見だけで,人を判断しないで,人の心を見ないといけないのよ」
自分ができることがあれば,なんでもしたい,とおっしゃる奥様。70代とは思えない程,若々しく輝いていました。

私もこんな素敵な人になりたいなぁと思わせてくださった,人でした。
授業の一環として伺ったのに,こんな素敵なお話を聞けるとは,やはり人と人との関わりは大切だなぁと改めて思ったのです。




この奥様。70代半ばなのにお肌がとってもきれい!
しかもシワがほとんどないのです!

その秘訣を聞いてみると,ずばり「体重を増やさない」。
自分のベストの上下3kgを常にキープするのがいいみたいです。
なぜなら太ってしまうと,皮膚が伸びるのでシワができやすい,とのこと。

体重が3kg増えたらすぐに食事制限などで戻さないと,それ以上になってしまうと戻すのが大変。自分の体をきちんと管理することで,健康維持にもつながるそうです。
[PR]
by tomo-bambi | 2005-11-30 02:24 | Others